河井あんり 決断できる強い広島

「健幸王国ひろしま」プロジェクト

【ねらい】長い目で見た医療費の削減
よい健康習慣につながる行動(万歩計の歩数や、ジョギングの距離、クラブスポーツへの参加など)に対し、「健幸ポイント」を付与します。SNSなどのネットメディアでのランキングの公表や、個人のアカウントが見られる仕組みを設け、参加意欲を高めます。その結果、一人当たり年間1万5千円〜2万円程度の医療費削減を可能にします。また、クラブチーム、スポーツ産業、健康関連産業のなかで希望する企業を「健幸サービス企業」として認証し、商品開発と販売を奨励します。

医師・看護師の業務補助職の創設と補助金整備

【ねらい】医療現場での人手不足解消、医療事故の解消
看護師の有資格者のうち、現職を退いている方に、もう一度現場に近い環境で働いてもらうよう、医師や看護師をサポートする、県認定の「業務補助職」を創設します。
また、県内医療機関に、業務補助職を対象とした補助金を整備します。

医療従事元職の組織化による地域医療相談ネットワーク

【ねらい】医療情報の提供体制の整備、コンビニ診療の解消
県民が医療情報に触れ、安心感を得られるよう、医師や看護師など、かつて医療に従事していた方々を組織し、地域での医療相談ネットワークの形成を推進します。

県立大学看護学科の充実

【ねらい】医療現場での人手不足解消
看護学科の定員を増やし、看護師や保健婦、助産師の育成に力を入れます。
Copyright(C)2008 Kawai Anri All Rights Reserved.